PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

協調の機運壊した首相

協調の機運壊した首相
公明新聞:2011年6月29日付

新聞

記者会見で見解を述べる山口代表=28日 国会内復旧・復興の議論は進める
記者会見で山口代表
.公明党の山口那津男代表は28日午前、国会内で記者会見し、菅直人首相が自民党の浜田和幸参院議員を総務大臣政務官に起用したことについて、「与野党執行部間で、復旧・復興に向けて協調的な機運をつくっていこうという雰囲気だったにもかかわらず、他党議員を引き抜く禁じ手を使うのは、そういう機運を首相自身がぶち壊していると言わざるを得ない」と厳しく批判した。

さらに、浜田氏の起用に自民党が強く反発し、国会審議への影響が懸念されていることに関しては、「自民党が非常に不快な気持ちを持つのはもっともだ。あえてそういうことをする首相の復旧・復興に向けての誠意のなさ、延命をひたすら図ろうとする意図が表れている」と指摘。公明党としては「復旧・復興に向けて、やるべき議論はしっかり進めなければいけない」との考えを示した。

また、首相が27日夜の記者会見で、自らの進退について(1)2011年度第2次補正予算案(2)特例公債法案(3)再生可能エネルギー促進法案―の成立を「一つのめど」としたことに対しては、「勝手に言っているだけの話だ」と一蹴。

その上で、特例公債法案に関しては「子ども手当(見直し)や年金財源の穴埋めなどを政府・与党として結論を出すことが重要であり、首相の言い分は特に関係ない」と述べた。

関連記事

| 新聞 | 13時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1943-2c60fa25

PREV | PAGE-SELECT | NEXT