PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風12号災害 生活再建、復旧へ総力

台風12号災害 生活再建、復旧へ総力
公明新聞:2011年9月18日付
新聞


森本村長(右から4人目)から坪内地区の被害状況を聞く山口代表(中央)ら=17日 奈良・天川村奈良の災害現場を調査
山口代表ら党対策本部 土砂ダムなど対策探る
.平成に入って最大級となった台風12号被害で、公明党の山口那津男代表(党台風12号災害対策本部長)は17日、先週の和歌山県、三重県訪問に続いて、被害が甚大な奈良県に入り、現場調査や自治体首長からの要望聴取、被災者のお見舞いに奔走した。同対策本部の白浜一良副本部長(党関西方面議長)、石田祝稔事務局長(衆院議員)のほか、岡史朗党県代表、大国正博党県幹事長の両県議、同県五條市の山口耕司市議らが同行した。

「一日も早い行方不明者の発見を」新聞


「どうか妻を見つけ出してほしい」。避難所「ロッジ星のくに」(五條市大塔町阪本)を訪れた山口代表は、長沼陞さん(75)の絞り出すような訴えに応え、力強く手を握り返した。

長沼さんが住む大塔町宇井地区は、豪雨によって土砂が崩落。増水した川に家屋が流される被害に見舞われ、長沼さんの妻・紀久世さん(70)をはじめ8人の行方が依然として分かっていない。

避難所で被災者を激励した山口代表は、宇井地区で自治会長を務める上田史孝さん(65)の「早く行方不明者を見つけたいというのが切実な思い」との声を受け、「自衛隊などに発見まで継続的な取り組みを要望していく」と述べた。

このほか一行は五條市辻堂、天川村坪内の土砂崩落の現場を視察。山地の表層だけでなく地盤まで崩落する「深層崩壊」による被害について関係者から説明を受けた。

さらに、山口代表らは被災自治体の首長と相次ぎ懇談。山口代表は「16日の参院本会議で早期に激甚災害の指定をと訴えた。20日には閣議決定される見通し」と紹介。太田好紀五條市長は、土砂崩れでできた同市大塔町赤谷の土砂ダムについて、「決壊すれば甚大な2次被害だ。ポンプで水を抜きながら、溝を造り徐々に水を流していく作業が計画されている」と説明。決壊の恐れが高いダムは県内4カ所で、山口代表は「赤谷への対応が今後の参考になる」と話した。

また、角谷喜一郎野迫川村長は、同地が寒冷地域であることから、「断熱性が高い仮設住宅が冬までに必要」と訴えた。山口代表は「コミュニティーを壊さない配慮も大切だ」とし、仮設住宅の建設を支援していく考えを示した。さらに森本靖順天川村長は「小中学校の子どもの通学が困難な状況だ」と改善を要望。このほかに各首長は、「主産業である観光や林業の再興が生活再建に重要」と口をそろえた。新聞


最後に懇談した荒井正吾奈良県知事は、交通網の回復、仮設住宅の整備と併せ、(1)深層崩壊、土砂ダムなどの土砂災害の研究推進(2)土砂災害の監視、警戒、避難体制の確立(3)土砂災害に強い道路、河川の整備―などへの協力を要請。山口代表は「国、県、市町村が対等の立場で連携し、復旧・復興に全力を挙げていきたい」と決意を伝えた。

関連記事

| 新聞 | 10時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2178-5b57f39a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。