PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雇用のミスマッチ解消へ

雇用のミスマッチ解消へ
公明新聞:2011年9月20日付

新聞

ドリームマッチ・ライブを視察する石川氏(前列右から3人目)と府本部青年局メンバー=19日 大阪市ドリームマッチ・ライブ 大阪会場を石川氏ら視察
.公明党の石川博崇学生局長(参院議員)は19日、大阪市内で開催された面談・選考一体型の企業説明会「ドリームマッチ・ライブ」を視察。党大阪府本部青年局の八重樫善幸委員長、肥後洋一朗局長の両府議らが参加した。

同説明会は、採用意識が高い中小企業と学生を結ぶ目的で、経済産業省が行っている「ドリームマッチ・プロジェクト」の一環だ。昨今の就職難を受け公明党が推進したもので、全国7都市で開催されている。昨年の同説明会では約500人が内定を勝ち取った。

この日、大阪会場には75企業がブースを構え、1000人を超える学生が参加。学生は面談ブースで説明を聞き、希望すれば選考に進むことができる。設計士をめざす大阪人間科学大学4年の宇都優磨さん(22)は「建設の現場に関わる企業も知り、就職活動の幅が広まった」と手応えを語っていた。

視察を終え、石川氏は「有名企業に目を向けがちな学生と中小企業のミスマッチ解消が重要」として、「単年度事業だが継続できるよう全力を挙げる」と話した。八重樫委員長と肥後局長は「ツイッターなど活用し、もっと周知したい。また地方自治体主導でも同様の取り組みができるか模索したい」と述べた。

関連記事

| 新聞 | 14時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2181-5ad44242

PREV | PAGE-SELECT | NEXT