PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「心の健康」へ政策推進

「心の健康」へ政策推進
公明新聞:2011年11月24日付

新聞

あいさつする池坊プロジェクトチーム座長=23日 党本部党女性委プロジェクトチーム が講演会 認知行動療法など学ぶ
.公明党女性委員会(古屋範子委員長=衆院議員)の教育・文化プロジェクトチーム(PT、池坊保子座長=同)は23日午後、東京都新宿区の党本部で、「子どもの心の悩みと親の関わり方」をテーマに講演会を開き、認知行動療法センターの大野裕センター長が講演を行った。古屋女性委員長、池坊座長のほか、首都圏の女性地方議員らが出席した。新聞


席上、池坊座長は、子どもの心の問題について「子どもが抱える問題は複雑で、(親は)どう対処していいか分からず、とまどったり苦悩したりする」と指摘。「公明党議員は話を伺い、政策に反映する行動力を持っている。一人一人が幸せを甘受できる社会にしていく担い手になっていきたい」と述べた。

古屋委員長は、認知行動療法の保険適用など、公明党が心の問題に取り組んできたことを報告。うつ病などの課題に対応するため「国民、子どもの心の問題で(心の健康に関する)基本法案をつくり、具体的な政策を大きく前進させていきたい」と表明した。

講演の中で、大野センター長は、認知行動療法について「認知に視点を置いた気持ち、心のコントロールの方法だ。出来事が気持ちを決めるのではなく、判断、考えがあって出来事の意味を決める」と指摘し、「『どう考えるか』に目を向けて考えていくと、自分の気持ちのコントロールにつながり、子育てにもつながっていく」と強調した。

また、学校教育の現場で同療法を取り入れている事例を挙げ「(生徒の)考え方に幅が出て、子どもの成長、親との関係も段々よくなってくる。それが生徒同士、親、教師とできれば随分、心のサポートができるのではないか」との考えを示した。

関連記事

| 新聞 | 16時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2300-7ff2219b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。