PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「60年先の話」はごまかし

「60年先の話」はごまかし
公明新聞:2012年1月31日付

白浜参院会長 年金試算非公表を批判
.公明党の白浜一良参院会長は30日午前、国会内で開かれた参院議員総会で、政府・民主党が消費税を財源とする最低保障年金の財源試算を当面公表しないと決めた問題について、「前の衆院選であれだけ年金政策を訴えて政権を取り、2年半もたって中身を示さない。けしからん話だ。公表して損か得かという話ではない。国民に対して(説明する)責任がある」と批判した。

白浜氏は、最低保障年金を導入した場合、新制度への移行を終えた後の2075年度に、15年の消費税率10%への引き上げに加え、最大7.1%分の財源が必要になるとの試算があるとの報道に絡み、「(現行制度から移行する)経過措置の中で財源が膨らんでいくわけで、その全体を彼らは説明する責任がある」と指摘。「遠い60年先の話だから(公表しない)ということで、ごまかされる話ではない」と述べ、国会審議で厳しく追及していく考えを示した。

関連記事

| 新聞 | 13時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2398-b38c30e0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。