FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[社会] 鎮魂と復興願い祈り

[社会] 鎮魂と復興願い祈り 2012.03.12

新聞
公明新聞:2012年3月12日付
大震災1年各地で追悼式典
山口代表ら献花、黙とう

1万9000人を超える死者・行方不明者を出した東日本大震災から1年を迎えた11日、政府主催の追悼式が国立劇場(東京都千代田区)で営まれた。天皇、皇后両陛下、野田佳彦首相ら三権の長、公明党の山口那津男代表、井上義久幹事長らのほか、被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の遺族代表ら約1200人が参列。首相は、ふるさと再生への決意を述べた。
 
被災地などでも追悼式を開催。震災発生時刻の午後2時46分、全国の式典会場で参列者らが黙とうをささげ、犠牲者の冥福を祈った。 党アピール
 
政府の追悼式では、黙とうに続いて、首相が式辞を述べ、ふるさと再生、教訓の伝承、助け合いの心を忘れないという三つを「み霊に誓う」と表明。
 
天皇陛下は「国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくようたゆみなく努力を続けていくよう期待しています」とのお言葉を述べられた。
 
衆参両院議長、最高裁長官の追悼の辞に続き、被災3県の遺族代表がそれぞれ言葉を述べ、岩手県大槌町の川口博美さん(62)は「震災の教訓を風化させることなく、後世に語り継ぎ、一歩ずつ故郷の復興にまい進する」と誓った。追悼式には、国会議員や地方自治体関係者、民間団体代表らのほか、ルース駐日米大使ら各国大使も参列。自然災害による追悼式を国が主催するのは初めて。
 
一方、岩手、宮城、福島各県などの被災地を含む10県の各市町村でも追悼式が開かれ、政府主催追悼式の映像が同時中継された。東京と被災地が一つとなって、鎮魂と復興を願い祈りをささげた。
 
追悼式終了後、国立劇場には数多くの一般参列者が献花に訪れた。
 
東日本大震災は、巨大津波の影響で東北地方を中心に未曽有の大災害をもたらした。行方不明者は今なお3000人以上に上る。津波は東京電力福島第1原発も襲い、放射能漏れ事故で多くの周辺住民がふるさとを追われ、34万人以上が現在も避難生活を強いられている。
関連記事

| 新聞 | 08時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2514-6f4c4912

PREV | PAGE-SELECT | NEXT