PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

共済年金、2015年10月厚生年金に統合へ

共済年金、2015年10月厚生年金に統合へ
読売新聞 3月15日(木)11時44分配信

 政府は15日、公務員などが加入する共済年金を、会社員の厚生年金に統合する被用者年金一元化について、消費税率の10%への引き上げを予定する2015年10月に統合する方針を固めた。

 政府は、被用者年金一元化法案を4月上旬に国会に提出したい考えだ。

 一元化は、共済年金の給付内容などを15年10月に厚生年金と同一にする形で実施し、保険料率については段階的に格差をなくす。厚生年金(現在は16・412%、労使折半)は17年9月以降は上限の18・3%になることが決まっており、公務員の共済年金(15・862%、同)も1年遅れの18年9月に18・3%に統一する。

 被用者年金一元化は、社会保障・税一体改革の柱の一つ。政府は当初、消費税率引き上げ法案と同時に、一元化法案を国会に提出する方針だったが、政府・与党内の調整が間に合わず、提出を先送りした。共済年金に上乗せして支給され、公務員優遇との指摘がある「職域加算」については結論を先送りし、近く有識者会議を設けて検討を進める。 最終更新:3月15日(木)12時1分
関連記事

| 新聞 | 13時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2522-dddf5fbe

PREV | PAGE-SELECT | NEXT