FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地域の防災力を強化

地域の防災力を強化

公明新聞:2012年3月21日付

新聞

盛大に開かれた党大阪府本部の防災フォーラムであいさつする佐藤氏=20日 大阪市


自助・共助日常の備えを
河田関西大教授が講演 大阪府本部がフォーラム
.

公明党大阪府本部は20日、大阪市内で防災フォーラムを開催した。これには、佐藤しげき府代表(衆院議員、次期衆院選予定候補=大阪3区)ら府本部所属の議員・党員のほか、府内の自治体・学校関係者らも参加した。

基調講演を行った関西大学社会安全学部長の河田惠昭教授は、東日本大震災の復興が進まない要因として、「被災社会をどのような新しい街にするかというビジョンがない」と指摘。震災の教訓として、「災害時には日ごろやっていることしかできない」と力説。安否の連絡や情報収集など、災害時に必要な行動を日常生活の中でも意識する「災害文化」の必要性を訴えた。

また河田教授は、東日本大震災と今年の豪雪で、いずれも死者の約6割を高齢者が占めたことに触れ、「自然は人間社会の弱い部分を攻めてくる」と強調。今後の防災・減災の課題として、「自助努力と共助努力によって地域の防災力、危機管理能力を向上させる」「高齢の犠牲者を減らす」などを挙げた。

佐藤氏は、災害時に避難所となる学校の防災機能の強化に向け、府本部として総点検運動を展開し、今年1月、府知事に緊急物資の備蓄見直しなどを提言したことに言及。「公明党はこれからも安全・安心をめざすトップランナーとして、災害に強い街を構築していく」と決意を訴えた。

フォーラムに続き、河田教授を囲んで意見交換会を開催。佐藤氏、山本香苗党女性局長(参院議員)、次期衆院選予定候補の北がわ一雄党副代表(大阪16区)、赤羽かずよし前衆院議員(兵庫2区)、国重とおる(大阪5区)、いさ進一(大阪6区)、中野ひろまさ(兵庫8区)の各青年局次長らが出席した。
関連記事

| 新聞 | 14時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2530-32f04c77

PREV | PAGE-SELECT | NEXT