FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高速無料、利用しやすく

高速無料、利用しやすく

公明新聞:2012年4月8日付

新聞

避難住民との懇談会であいさつする高木(美)さん(奥右から3人目)=7日 福島・会津若松市


高木(美)さんが大熊町の避難住民と懇談
福島・会津若松市
.

公明党の高木美智代衆院議員は7日、福島県会津若松市内にある仮設住宅の集会所で、大熊町から避難している住民との懇談会に参加した。これには伊藤昌夫大熊町議と党福島県女性局(小島寛子局長=郡山市議)のメンバーが同席した。

避難住民からは、原発事故の警戒区域などに住んでいた住民に限って今月1日から行われている高速道路無料化への運用に不満が続出。指定された15カ所のインターチェンジ(IC)から出入りした場合に無料となるが、会津若松市内のICが含まれなかったため「かなり遠いICまで行かないと利用できない。政府はもっと現場の声を知ってほしい」などとの声が相次いだ。

また、「避難区域の新しい線引きには納得できない」「東電の賠償は全県一律で実施するべきだ」との意見のほか、ガソリン高騰対策などの要望も出た。

これに対し、高木さんは「厳しい現状をあらためて実感した。皆さんの声を政府に伝え、全力で改善を求めていく」と述べた。

関連記事

| 新聞 | 09時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2573-37ac9959

PREV | PAGE-SELECT | NEXT