PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

草の根対話から(北九州市) 年金制度は大丈夫? 東副代表 報告会で参加者と懇談

草の根対話から(北九州市)
東副代表 報告会で参加者と懇談
新聞

公明新聞:2012年5月2日付
参加者と和やかに懇談する東副代表(左)=4月29日 北九州市

年金制度は大丈夫?
東副代表 報告会で参加者と懇談
.
公明党の東順治副代表は4月29日、北九州市で開かれた成重正丈市議の市政報告会に出席し、あいさつするとともに、参加者と活発に語り合った。

懇談の中で、50代の男性党員からの「公明党は原発に対してどう考えているのか」との質問に対し、東副代表は、段階的に原発への依存を減らす「脱原発依存」の立場であることを強調。その上で、「再生可能エネルギーの普及や火力発電の高効率化など、ベストミックス(発電方式の最適な組み合わせ)が大事」と述べた。

また、30代の青年党員の「今の若者は将来、年金をきちんともらえるのか」との問いに東副代表は、現在の年金制度が持続可能な制度になっていることを説明。「給付水準も現役世代の(平均手取り)収入の50%以上を確保できている」と答えた。

このほか、60代の女性党員から年金の受給資格期間に関する意見が寄せられ、東副代表は熱心に耳を傾けていた。
関連記事

| 新聞 | 11時07分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2652-23b31d30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。