PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギリシャ再選挙向け早くも攻防

ギリシャ再選挙向け早くも攻防
5月16日 6時23分 K10051469211_1205160629_1205160634
ギリシャでは、連立協議が決裂したのを受けて、再選挙を行うための選挙管理内閣を発足させる各党の会合が16日に開かれますが、各党の党首は財政緊縮策を巡るほかの党の対応を批判するなど、早くも選挙に向けた攻防が始まっています。

ギリシャでは、議会選挙のあと9日間にわたって連立政権を作るための協議が行われてきましたが、財政緊縮策を巡る各党の対立などから折り合いがつかないまま最終的に決裂し、日本時間の15日夜、再選挙を行うことが決まりました。これを受けてパプリアス大統領は、再選挙を実施するために組織される「選挙管理内閣」を発足させる会合を16日に開くことにしており、再選挙へ向けた準備が本格化することになります。
地元のメディアは来月半ばにも投票が行われると伝えていて、連立協議で各党の最大の対立点となった緊縮策の是非が再選挙でも争点になるものとみられます。
こうしたなか、第2党で緊縮策に強硬に反対している急進左派連合のツィプラス党首は、「国民は緊縮策の撤回を希望しているのに、旧連立与党は緊縮策を着実に実施するとしたEU=ヨーロッパ連合などとの約束を優先させ、われわれの意見に耳を貸さなかった」として旧連立与党を批判しました。これに対して、第1党で緊縮策に賛成している新民主主義党のサマラス党首は、「急進左派連合の無責任で傲慢な態度により再選挙を回避することは不可能だった」と批判しており、選挙を前に早くも各党の攻防が始まっています。
関連記事

| ニュース | 11時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2677-2278a96b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。