PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私鉄無料パスの返上を・・・社会保障と税 首相の決断力問われる・・・・山口代表

私鉄無料パスの返上を

公明新聞:2012年5月23日付


記者会見で見解を述べる山口代表=22日 国会内


社会保障と税 首相の決断力問われる
山口代表
.

公明党の山口那津男代表は22日午前、国会内で記者会見し、国会議員に支給されている私鉄とバスの無料パスについて、「時代の役割をもう終えており、国会議員の側から返上すべきだ」との考えを示した。

この中で山口代表は、日本民営鉄道協会が支給している無料乗車証(無料パス)が、戦後間もない時期から支給されていたことに触れ、「その時代は、国会議員の政治活動を支える裏付けとなって使用された。しかし、今や使用頻度からも役割は十分に果たし終えたので、今の時代に無償で提供を受けるのは必要がない」と強調した。

また、野党が問題点を追及する社会保障と税の一体改革関連法案の審議に関して、「どう合意形成するかは、与党の中での努力と野党との努力(が必要で)、それぞれの主張からすると簡単ではない」と指摘。

野田佳彦首相が消費増税法案の今国会成立に「政治生命を懸ける」と繰り返し述べていることについては、「首相の決断力やリーダーシップがあらためて求められており、具体的に示すには、与党をまとめて強い意志の下に実行していく姿勢が見えてくることが重要だ」と述べた。

与党内に一体改革関連法案を採決せず、会期末で国会を閉じるべきだとの意見があることには、「首相の決意や発言と全く矛盾するわけだから、やはり首相の決断が問われることになる」と指摘した。
関連記事

| 新聞 | 17時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2701-3250a429

PREV | PAGE-SELECT | NEXT