PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子ども国会」が開幕

子ども国会」が開幕

公明新聞:2012年7月30日付
新聞

歓迎会で、子ども国会議員と懇談する白浜参院会長(中央)と長沢氏(左端)=29日 参院議員会館
全国の小学生代表 「復興」「未来」テーマに論戦
白浜、長沢氏が激励
.
将来を担う子どもが白熱の“国会論戦”―。全国47都道府県の小学校5、6年生が国会に集い、東日本大震災からの復興と日本の将来について話し合う「子ども国会―復興から未来へ」(参院主催)が29日、開幕した。

12年ぶり3回目となる今国会では、「家族、友達とのきずな」「地域、日本全体のきずな」「世界の人たちとのきずな」の三つのテーマごとに各2委員会を設置。意見を反映した提言をまとめ、最終日の30日に「子ども国会宣言」を採択する。

初日の29日午後1時過ぎ、子ども国会議員150人は国会正面玄関から初登院。一人一人議員バッジを付けてから、面はゆそうに参院本会議場へ。開会式では、震災犠牲者に黙とうを捧げ、議長に選出された岩下莉乃さん(長崎県、小6)が「楽しく充実した国会にするため精いっぱい頑張る」と宣言した。

続いて子ども国会議員は、各委員会室で、友人・家族の大切さや防災意識の向上、海外交流の必要性などについて意見を交わした。

夕方開かれた歓迎会には、公明党の白浜一良参院会長が駆け付け、「この責任と経験を大事にしてこれからの人生の綾としてほしい」と激励。長沢広明参院議院運営委員会理事も同席した。

子ども国会については、公明党がプレイベントとして写真展を提案するなど、開会の実現に尽力してきた。
関連記事

| 新聞 | 12時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2792-a340835c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT