PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大衆直結の政治貫く

大衆直結の政治貫く

公明新聞:2012年10月13日付
新聞
公明党への支援を訴える赤松氏(左)と中野氏=12日 兵庫・尼崎市

赤松、中野氏 次期衆院選へ必勝訴え
兵庫・尼崎市
公明党兵庫県本部の赤松正雄代表(衆院議員)は12日、中野ひろまさ党青年局次長(次期衆院選予定候補=兵庫8区)と共に、同県尼崎市で開かれた時局講演会に出席し、絶大な支援を呼び掛けた。

赤松氏は「大衆とともに」の立党精神の宣言から50年を迎えたことに言及し、「庶民のためにとの原点は不変だ」と強調。その上で、かつてはほとんど問題にされなかった若者の雇用や、うつ病など今日的課題に触れながら、「時代が移り変わっても、公明党は大衆に直結し政治をリードしていく」と訴えた。

中野氏は、重要課題が山積する中、臨時国会が開かれていないことに対し、「野田政権は保身そのものだ」と批判。「新しい力で、社会に漂う閉塞感を打ち破る」と力説し、防災対策や中小企業活性化、教育再生への決意を訴えた。
関連記事

| 新聞 | 13時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2892-205dcdac

PREV | PAGE-SELECT | NEXT