PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新政権で日韓改善へ

新政権で日韓改善へ
公明新聞:2013年1月10日付
新聞

黄韓日議連会長(左から6人目)らと和やかに懇談した山口代表(左隣)ら=9日 衆院第1議員会館

山口代表、黄韓日議連会長と会談
公明党の主張、政策評価 黄会長
議員、民間の交流を推進 山口代表

公明党の山口那津男代表らは9日、衆院第1議員会館で、韓国の超党派の議員からなる韓日議員連盟の黄祐呂会長(韓国の与党セヌリ党代表)らの表敬を受け、和やかに懇談した。公明党から松あきら副代表、石井啓一政務調査会長、上田勇国際委員長、竹谷とし子国際局次長が同席した。

席上、山口代表は、韓国で朴槿恵氏が新大統領に就任することに祝意を表明し、「東アジアでは初の女性リーダーとして大いに期待が高まっている」と強調。さらに「日本でも自公政権が誕生した。前政権下で東アジア(諸国)の関係が損なわれた部分もあるが、政府だけでなく与党としても修復に取り組んでいく」と述べた。さらに、安倍晋三首相が、日本側の議員連盟の幹事長である額賀福志郎氏(自民)を特使として韓国に派遣したことに言及し「関係改善に向けた姿勢の表れであり、同時に、議連がいかに重要か認識しているということだ」と指摘した。

黄会長は、永住外国人への地方選挙権付与の問題に対する公明党の尽力に謝意を表した上で「両国で新政権が誕生したことが友好改善につながる」と力説。また「両国関係が危機に陥った時の安全弁として二つあると考える」と述べ、「一つは公明党の存在だ。公明党の主張や政策は大いに評価している。もう一つは(日本側の)日韓議連、(韓国側の)韓日議連の存在だ」と強調した。

さらに、山口代表は、公明党の草川昭三副代表が樺太残留朝鮮人の帰国実現に、冬柴鉄三元幹事長が永住外国人への地方選挙権付与問題に尽力したことを紹介。公明党として、「こうした努力を、これからも継承していく」と述べた。

黄会長は今後の両国関係について「若い世代間の交流が必要だ。未来の世代がお互いに正しい理解を持って、両国関係の重要性を理解していくことが重要だ」と強調。さらに、自由貿易協定(FTA)の締結などの課題にも積極的に取り組んでいく考えを示した。

山口代表は、「特に民間交流が重要だ」とした上で「最近、韓国を訪問する日本人の旅行客が半減していることは大変心配だが、それを回復する努力をしていきたい」と力説。観光などを所管する太田昭宏国土交通相(公明党)と連携して取り組む意向を示した。
関連記事

| 新聞 | 15時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/2973-1d2f5d15

PREV | PAGE-SELECT | NEXT