FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クールビズ「28度では能率低下」…日本建築学会調査

クールビズ「28度では能率低下」…日本建築学会調査
7月18日14時34分配信 読売新聞

地球温暖化対策として、夏場を軽装で過ごす「クールビズ」。
冷房温度を28度と高めに設定し、省エネを図る取り組みで、年々広がっているが、日本建築学会のチームによる最近の研究で、軽装だけでは暑さで仕事の能率が落ち、経済損失にもつながる場合もあることがわかってきた。
専門家は「換気や送風を組み合わせ、作業能率を下げない省エネ方法が必要だ」と提言している。
クールビズは、6~9月に「ノーネクタイ、ノー上着」で職場の消費電力を減らす運動。環境省が2005年に提唱した。28度は建築物衛生法の定める執務室の上限温度だが、作業の能率への影響は不明で、日本建築学会は06年から科学的検証を進めてきた。
神奈川県の電話交換手100人を対象に1年間かけた調査では、室温が25度から1度上がるごとに作業効率が2%ずつ低下した。
最終更新:7月18日14時34分

豊中市役所でもクールビズで28度の設定をしていますが大変暑く感じます。仕事の効率を考えるともう一度室内温度を考えなければなりませんね。
関連記事

| 新聞 | 16時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/316-014905a8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT