FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スギ花粉症対策が前進

スギ花粉症対策が前進
公明新聞:2009年5月6日
300万本の伐採・植え替え
09年度補正
当時の大野官房副長官(手前)に申し入れを行う浜四津代行(右隣)ら=2008年4月3日 首相官邸
国民の約3割が罹っていると推定されるスギ花粉症。2009年度補正予算案では、花粉の少ない森林づくり対策事業に約100億円を充てるとともに、スギ花粉症を緩和させる「米」の研究拠点の整備に約15億7000万円を計上、花粉症対策の前進に期待がかかる。

 スギ花粉症が急増している要因の一つとして、戦後に植えられたスギが伐採されずに放置され、多くの花粉を飛ばすようになったことが指摘されている。今年の花粉のピークは過ぎたが、患者は年々増加しており、社会問題にもなっている。

 同事業は花粉発生源対策として、首都圏・京阪神圏近郊において花粉の多いスギを伐採し、花粉の少ないスギや広葉樹などへの植え替えの促進を図るのが大きな柱。林野庁は11年度末までに300万本の伐採・植え替えをする目標を掲げている。

 具体的には、森林所有者に呼び掛け、立木買い取りの支援を行うとともに、優良苗木の生産拡大や低コスト造林など先駆的な取り組みを行う民間団体を支援する。

関連記事

| 新聞 | 10時18分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/557-8c293b23

PREV | PAGE-SELECT | NEXT