FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新型ウイルス、数か月前にメキシコで誕生?…WHO委員が見解

新型ウイルス、数か月前にメキシコで誕生?…WHO委員が見解
5月7日10時43分配信 読売新聞

 感染が世界に広がっている新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)について、国立感染症研究所の田代真人・インフルエンザウイルス研究センター長は6日、「ウイルスは数か月前にメキシコで誕生し、一気に世界中に広まった可能性が高い」との見解を示した。

 遺伝子の解析から、アジアを中心に被害の出ている高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)のような強毒性を獲得する可能性は低いとの見通しも改めて強調した。

 世界保健機関(WHO)の緊急委員会の委員でもある田代センター長によると、世界各地で採取され、遺伝子が分析された約30株の新型ウイルスを比較したところ、99・5%から100%の遺伝子配列が一致した。インフルエンザウイルスは、遺伝子が変化しやすいことが知られており、まだ変異が少ないことから、このウイルスが最近誕生したことが予想されるという。

 また、新型ウイルスは、人と鳥と豚(2種類)の計4種類のインフルエンザウイルス由来の遺伝子を持っていることが分かった。豚の体内で、ウイルスの遺伝子が混ざった結果、新型のウイルスが出来たと考えられるという。 最終更新:5月7日10時43分

連休中も新型ウイルスのニュースや報道がなされていましたが、健康には留意しなければなりませんが、テレビやマスコミの報道もしっかり正確にお願いしたいものです。

関連記事

| 新聞 | 13時05分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/558-4adc552e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT