FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ

太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ
2月22日21時0分配信 産経新聞

「太陽の塔」の“目”が40年ぶりに輝きを取り戻す。独立行政法人「日本万国博覧会記念機構」(大阪府吹田市)は22日、大阪万博(昭和45年)から今年3月で40年となるのを記念し、塔の顔の目玉の夜間点灯を恒久的に復活させると発表した。3月27日から。

40周年記念事業の一貫。40年前の万博期間中は、塔の一番上の「黄金の顔」の目玉(直径約2メートル)に投光器が設置され会場を照らしていた。大阪空港の路線に配慮したため期間限定の措置だったが、当時に比べて照度の弱い白色発光ダイオード(LED)を使うことで復活が実現した。

 点灯は、従来実施している塔全体のライトアップと同じ日没~午後11時。担当者は「今は夢や希望を持てなくなっている時代。万博当時の元気を感じ取ってほしい」と話している。

万国博覧会から40年もう一度輝きを取り戻すことは素晴らしいことですね。
関連記事

| 新聞 | 16時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/823-73a1c199

PREV | PAGE-SELECT | NEXT