FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あらゆる機会通じ公明の政策実現

あらゆる機会通じ公明の政策実現
公明新聞:2010年3月4日

3閣僚遅刻 言語道断、厳しく反省を
山口代表
記者会見で見解を述べる山口代表=3日 国会内
山口


 公明党の山口那津男代表は3日午後、国会内で記者会見し、公明党が政府に対して介護対策などの政策提言を行ったことを“民主党と公明党が接近”などと報じられたことに対して、「(民主党との)距離がどうこうとは理解しかねる。与党であれ、野党であれ、政策実現に向け、あらゆる機会をとらえて努力する姿勢の一環だ」と強調した。さらに「政党は主張した政策の実現に向け努力するのが使命だ。現政権が提案を受け入れるのであれば、共に協力して実現することはあってもよい」と力説した。

 また鳩山由紀夫首相が、永住外国人に地方選挙権を付与する法案の今国会提出見送りを示唆したことについて「政権の対応が二転三転していることに関係者は戸惑いを覚えるのではないか」と指摘。

 高校の実質無償化の対象から朝鮮学校を除外するかどうかの議論に関しては、「一般論として、基本的人権を保障するに当たり、教育の機会均等、法の下の平等は重要な原則だ。外国人だからといって保障されないのは極めて例外的で、合理的理由がないといけない」との認識を示した。

 一方、3日の参院予算委員会の開会が、3閣僚が遅刻したため遅れたことについては、「内閣が弛緩している表れ。重要閣僚が3人もそろって遅刻するのは言語道断だ。内閣として厳しく反省してもらいたい」と批判。

 民主党の小沢一郎幹事長と創価学会幹部が会ったとの報道には、「事実関係については全く承知していない」と述べた。

関連記事

| 新聞 | 11時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/839-375abb54

PREV | PAGE-SELECT | NEXT