FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京大空襲 65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」

東京大空襲 65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」
3月10日11時1分配信 毎日新聞


拡大写真
東京大空襲から65年を迎え慰霊堂に向かって手を合わせる望月謙一郎さん=東京都墨田区の東京都慰霊堂で2010年3月10日午前9時37分、内藤絵美撮影
 東京大空襲から65年を迎えた10日、遺族らでつくる「東京空襲犠牲者遺族会」(星野弘会長、会員約800人)も結成から10年目の節目となった。会員の平均年齢は80歳を超えて高齢化が進む。一方で、空襲で失われた地域のつながりをようやく取り戻す人たちもいる。東京都墨田区の都慰霊堂で開かれた「春季慰霊大法要」(都慰霊協会主催)に出席した遺族会員の無職、望月謙一郎さん(82)=大田区=は「平和を続けてもらいたい」と花を手向けた。

【写真特集】東京大空襲 2時間余りの爆撃で、死者は10万人にのぼった


忘れることのできない日として、平和のことを考えるためにはしっかり考える日にしてほしいものです。




関連記事

| 新聞 | 12時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/846-73c1f8cb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT