FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

普天間移設2案「沖縄を愚弄」激怒する地元

普天間移設2案「沖縄を愚弄」激怒する地元
3月26日3時6分配信 読売新聞


拡大写真
ホワイトビーチ沖案に反対して拳を突き上げる市民総決起大会の参加者(沖縄県うるま市で)=吉村隆平撮影
 沖縄県外への移設を掲げた首相の“公約”は、反故(ほご)にされた――。

 米軍普天間飛行場の移設問題は25日、政府が米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)陸上部など県内2案を軸に米側と交渉入りすることが判明し、県民が新政権に寄せた大きな期待は裏切られる形となった。「沖縄を愚弄(ぐろう)した」。県内には激しい怒りが広がった。

 シュワブ陸上部案と並ぶのは、勝連半島(うるま市)のホワイトビーチ沖埋め立て案。うるま市では同日夜、同案に反対する市民総決起大会が開かれ、集まった約650人が気勢を上げた。

 主催者側が「鳩山総理は『最低でも県外』と表明した。沖縄を愚弄する政治に怒りをもって抗議する」との決議案を力を込めて読み上げると、満場の拍手で採択した。住民の女性代表、青年代表たちが埋め立て反対を訴えるメッセージを読み上げるたび、「そうだ」などのかけ声とともに大きな歓声が起きた。

内閣の意見が二転三転しているのが問題です。最終徹底がほしいです。

関連記事

| 新聞 | 10時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/873-cbafff5e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT