FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

菅内閣、8日発足=蓮舫氏は行政刷新相-民主政調会長に玄葉氏、閣僚兼務

菅内閣、8日発足=蓮舫氏は行政刷新相-民主政調会長に玄葉氏、閣僚兼務
6月7日12時54分配信 時事通信

 菅直人新首相は7日、新内閣の8日発足に向け、民主党役員・閣僚人事を詰めた。これまでに党政策調査会長に玄葉光一郎衆院財務金融委員長の起用を内定。玄葉氏は入閣が固まり、公務員制度改革担当などを兼務する方向だ。行政刷新担当相は蓮舫参院議員を充て、いったん内定していた消費者・少子化担当相は、国家戦略担当相に就く荒井聡氏が兼務することになった。閣僚人事では、岡田克也外相ら11人の再任が内定したが、再任に否定的な考えを示した赤松広隆農林水産相の後任の人選が残っている。
 組閣に先立ち、民主党は7日午後、国会近くの憲政記念館で両院議員総会を開催。枝野幸男氏の幹事長起用など党役員人事を正式決定し、菅執行部をスタートさせる。両院総会後、枝野、玄葉両氏と、国対委員長に就く樽床伸二氏は党本部で順次記者会見する。
 菅氏は7日午前、滞在先のホテルで、正副官房長官に内定している仙谷由人、古川元久両氏や荒井氏と会い、組閣を行う8日以降の段取りや所信表明演説の内容について協議した。
 政調会長ポストは、鳩山政権発足時に小沢一郎前幹事長が「内閣への政策一元化」を理由に廃止した。しかし、政策への関与を制限された党内には根強い不満があり、「脱小沢」の姿勢を強める菅氏は、代表選で政調復活を宣言した。
 農水相は、筒井信隆衆院農林水産委員長を軸に調整していたが、7日になって筒井氏の入閣は見送ることになった。山田正彦農水副大臣らの名前が挙がっている。
 官房副長官の参院枠は松井孝治氏が退任し、後任に福山哲郎外務副大臣が就く。外交面で官邸の体制強化を図る狙いがあるとみられる。古川氏の後任の内閣府副大臣には、平岡秀夫衆院議員を充てる。 

関連記事

| 新聞 | 14時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/995-4cee79d0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT